高耐久で高耐震の資産価値の高い建物づくり

最高水準の耐震構造であること

建物の耐震性能を示す地震係数は日本最高の1.2をクリア。高強度コンクリートを使用し、柱の帯筋には阪神大震災でもその強さが実証されたスパイラルフープを採用しています。

頑強な鉄筋コンクリート造なので、遮音性能・断熱性能に優れ、公庫借入も35年まで可能です。

HQ工法
HQ工法(高品質工法)は、当社が全国提携している工法で各都道府県の厳しい耐震基準に対応しています。バランスの良い構造設計が柱や梁等にかかる荷重の偏心を防ぎ、柱の帯筋にスパイラル状の一体化フープを採用することでコンクリートをしっかりグリップ。安心の構造体を造っています。また、快適な居住空間実現のため、内壁仕上げには従来のGL工法ではなく、結露や防カビに効果的なLGS下地を使用した「カビノン工法」を採用。さらに、押入・天井には、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質や悪臭を吸着する呼吸性内装材「ブレースボード」を使用しています。