大正2年に相模梅吉が現在の大町市に木材製材業を創立し、堅木で木管などの製作を行ったのが当社の起源です。
大正7年8月1日相模梅吉は、相模組を設立し、木材製材業の他に土木事業、建築事業の請負を始めました。
大正14年2代目社長に相模三蔵が就任し、木材製材業から建設事業を事業の軸としました。
昭和18年2月9日企業統制により株式会社相模組に組織変更し、「真剣に考えよう」の社是のもと建設を通し地域の発展に尽力してきました。これからも相模組は、建設を通し地域の発展に貢献していきます。

1913(大正2)年 相模梅吉、相模木材を創業
1918(大正7)年 相模梅吉、相模組を創業し社長に就任 相模木材を統合
1925(大正14)年 2代目社長に相模三蔵が就任
1943(昭和18)年 企業統制により株式会社相模組に組織変更
1949(昭和24)年 東京支店 開設、(土) (建) 建設大臣登録となる
1954(昭和29)年 喜多方支店及び長野支店開設
1955(昭和30)年 東京支店閉鎖
1963(昭和38)年 3代目社長に白澤忠生が就任、相模三蔵が会長に就任
1975(昭和51)年 4代目社長に相模一男が就任
1976(昭和52)年 松本営業所開設
1981(昭和56)年 豊科営業所開設
1985(昭和60)年 本社所在地変更 (新築移転)
1988(昭和63)年 白馬営業所開設
1993(平成5)年 豊科営業所を閉鎖し中信支店開設
1997(平成9)年 池田営業所開設
1999(平成11)年 ISO9001取得
2002(平成14)年 松川営業所開設
2007(平成19)年 さいたま営業所開設
2008(平成20)年 喜多方支店閉鎖
2012(平成24)年 喜多方営業所開設、さいたま営業所閉鎖
2018(平成30)年 5代目社長に蜜澤茂志が就任、相模一男が会長に就任
2019(令和元)年 現在に至る