株式会社相模組 リフォーム事業

住み慣れた家を快適リフォーム

住み慣れた家を快適リフォーム
ホーム < 住み慣れた家を快適リフォーム
子供も独立。 これからは2人の 快適な家にしたいね。将来のライフスタイルや 家族構成の変化をしっかり考えることから始めましょう。

子どもが生まれたり、親世帯と子世帯がいっしょに暮らすようになったり、逆に子世代が独立して家を出たり、
長く暮らしていくなかでは、たくさんの変化が家族には起こります。
そんな、変化の機会の間取りのリフォームには、将来の生活や加齢のことなどをしっかり考えたプランが必要です。

住み慣れた家を快適リフォーム

低かった居間の天井とキッチンとの境の引き戸を取り去り、
開放的で明るい吹き抜けのリビング・ダイニングに改築。

【施主から一言】
薪ストーブのある吹き抜けのリビングが夢でした。ちょっと無理かなと思っていましたが、1階天井を思いきって取り去るプランに賛同しました。和室を洋室にしてキッチンとリビングが明るくなっただけで、生活のリズムもだいぶ変わりました。収納たっぷりのキッチンに家内も満足のようです。もちろん、この部屋ならストーブライフも充実しそうです。

バリアフリー化をお考えの方へ。

年を重ねて、徐々に体力が衰えるのは避けられません。お年寄り家庭に限らず、将来のことを考えると、室内段差や手摺りなどの設置はもちろん重要ですが、間取りに考慮したリフォームが大切です。下の事例は、寝室を中心に考え、洗面・浴室そしてトイレの使い良さに配慮した間取りにレイアウト変更したものです。家族の行動パターンを考え、部屋を配置し、その導線上に手摺りなどを設置することが大切です。

バリアフリー工事のポイントは。

どのくらい費用が必要なの?新築の場合のバリアフリー化は進んでいますが、いざ、既存住宅へのバリアフリー化工事を加えるとなると意外に大変なものです。段差のフラット化、手摺りの取り付け、廊下の拡張、風呂場・トイレの入口確保などノウハウのある施工業者でないとなかなか要望通りにいかない場合も多くあります。手摺り一つでも取り付ける位置や高さが利用者の使い勝手を考えていないと、バリアフリーにならないことも。施主はできるだけ具体的な要望をまとめたメモを提出することなどをおすすめします。弊社が運営する「住まいの体験館」ではそういったバリアフリー設備選びに最適な体験コーナーをご用意しています。
(詳しくはお問い合せください。)

お問い合わせ住宅・店舗あらゆるリフォーム承ります。施工事例
相模組